×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

再就職・中高年経験者の履歴書/職務経歴書

まずは、しっかりと自己分析

20代や30代の転職とは違い、40代以上の再就職となると、しっかりとしたプランが必要です。まずは、これまで働いてきた自身のキャリアを分析しましょう。キャリアの一貫性はあるか、どの職種/業種に強みを持っているのか。自分の得意分野は何なのか。

この自己分析の際の失敗パターンですが、例えば、コミュニケーション能力があるなどという曖昧なものは、即NGです。未経験ならまだしも、中高年の再就職であれば、実績こそが全てとなります。コミュニケーション能力をアピールしたい場合でも、その根拠と、過去の実績が必要となります。

例えば、「新規事業を立ち上げた経験があり、全く別の部門や、別の支社の人間10人で作ったちームを短期間で、まとめて、プロジェクトを成功に導いた。」「エンジニアで、出向という形で働いていたが、親会社の担当者で現場で打ち解け、最終的には、現場の拡大と会社の大型案件の受注をすることが出来た。エンジニアだが、現場の業務拡大を得意としている。」「カスタマーセンターのSVを行っていたが、新人30人をマネジメントしており、退職するまでは、大きなクレームの対応は、全て自分が処理を行っていた。」などなど。

最低でも、これくらいは、書かなければ、中高年の再就職の履歴書としては、NGとなってしまいます。

あるていどの妥協は、必要。
中高年の再就職の際の、履歴書や職務経歴書を見ると、必ずといっていいほど、条件面に、「前職と同程度の給与を希望」「リーダーを希望」などと書かれています。

これは、家族などを持っている人には、ある意味しょうがないことなのかもしれませんが、会社の立場からすると、よほどのことがない限りは、「難しい」といわざるを得ないでしょう。たとえ、どれほど、しっかりと履歴書や、職務経歴書が書かれていれも、「見えないもの」に高額な給与をしはらうのは、大きなリスクとなってしまいます。

中高年の再就職では、ある程度「初めは少な目の給与」という妥協も必要です。その代わり、成果をあげさえすれば、前職と同等、または、それ以上の報酬をもらえる企業を選べば良いでしょう。